「美しく伸びる」ピラティス・バレエ道

代官山・静岡のピラティススタジオアロンジェ主宰するFRPマスタートレーナーしおりが日々のレッスンでの雑感、たまに私生活をつづります。

FRP八王子本部校の養成生がレッスンに来てくれました^^

今日は静岡スタジオ13時からのFRPクラスがご予約いっぱいだったのですが、FRP八王子本部の養成校タクトエイトで養成コースを修了されたAさんが、お住まいは静岡とのことでレッスンへのご参加ご希望されたため、14:10~イレギュラーではありますがクラス開催させていただきました♡

 

お友達も一緒に参加してくださり、レッスンを行いました。

もともとFRP以外でのピラティス資格をお持ちのAさんは細かい動きにまで細心の注意を払いながら動いておられるのが印象的でしたが、「伸び」の感覚を強くしようとすると腰が少し反る癖があり、それを抑制するために肋骨位置をどのように引き上げたらいいかの確認をしながらレッスンを行いました。

 

人間の運動器というのは間違った動きでも、そこを正常と覚えさせてしまうとそこから逸脱することが異常と判断し、間違った動きを維持しようとします。

間違った障害が起きるような動き(癖)から、人間が本来することが望ましい動きへと修正し、繰り返し覚えさせるよう反復し、日常動作を変えていく、、、

それこそがピラティスの良さです。

 

何気ないエクササイズもそういった意味が含まれています。

 

骨の位置が数ミリずれただけで働く筋肉が異なってくることもあるため、適切な指導がなくご自宅でネットで見たピラティスエクササイズを行うだけだと目的とは全く違った筋肉を鍛えてしまう可能性があります。

それに間違ったエクササイズは思わぬ怪我を招くリスクもあります。

 

ピラティスの良さを感じていただくため、もしピラティスのご興味のある方は専門の施設できちんと習ってくださいね^^